小学校に入学すると

子どもはいきなり

大きな環境の変化に出くわします。

 

それまで遊ぶことが仕事 と言われていた世界から

 

「勉強」「宿題」「音読」「暗記」「計算」 と、

新しく出会う学習に

重きが置かれるようになります。

 

この全く新しい環境の中で、

学びのスピードの変化、新しい学びのスタイル、

家庭学習などにしっかりと対応していくことが

6年間という長い小学校生活で

とても重要となってきます。

 

こんな想いはありませんか?

実際、このポイントを実践してきたお子さんは

小学校に入ってから

 


どんな活動にも前向きに取り組み 

周りからも信頼されている

 


先生や親からのアドバイスを実践してきて

今は自分一人で学習を進められるようになっている

 


どんな自分になりたいかを思い描いて

どう行動すべきかを考えられる

 


失敗したことを次へのチャンスとして

受け止められる

 

など、確実に成長しています。

 

親としてもこれを知ったおかげで

より子どもとの関わりを

貴重なものに感じるようになる

ということが起こります。

 

 

逆に幼児期にこれを獲り逃してしまうと、

小学校に入って子どもが「伸び悩んだ」時に

取り戻すチャンスを失ってしまうかもしれません。

=============

 

この「伸びる子」がやっている

2つのポイントの解説動画を

無料レッスンとして2日間に渡ってお届けします。

 

動画は短くまとめられているので

忙しい子育ての中でも短時間で効率よく

「伸びる子の秘訣」を手に入れることができます。

 

これは幼児期の今しか使えない貴重なもの。

 

あなたのお子様の芽を伸ばす

お手伝いをぜひさせてください。

 

「世界に挑戦する12歳」を育てる小学校

田中学園立命館慶祥小学校

元プロ野球選手の田中賢介が

メジャーリーグに行った際に、

「教育」の真の大切に気付き、

「日本を引っ張っていくような学校を作りたい」

という想いで創立した学校です。

この学校では、国内外の教育事例、脳科学、

そして子どもの発達と実態等、広い視点から

今もっともよいと思う教育プログラムを

展開しています。

 

そういった教育を、

自分の学校だけでなく

多くの人に知ってもらいたい、

ご家庭の教育の役に立てていただきたい

という願いから、

今このページにたどり着いてくださったみなさんに

期間限定で無料でお届けします。

 

公式LINEへのご登録で、

本校の知見をもとに お家でも実践して

いただけるように解説した、

「小学校で差がつく!

伸びる子/伸び悩む子 2つの違い」の

動画を期間限定でプレゼントしています。

 

動画の中で1つずつ、

できることから取り入れてみてください。

行動することでのみ、

変化は起こりますよ。